藤麻無有彌の日記:||

藤麻無有彌(とーま・むゆみ)がダラダラしています。

“「納得しないまま自分を終わらせない」”

 

8月下旬の時点でナタリーのこの記事は読んでいたんですけどね。

natalie.mu

 

見た目もそうですけど、人間力というか。
人格や品性も備えてるがゆえ だとも思いますけどね。
人に対しての接し方とかね。それは演歌デビューゆえに学ばれてきたことも多くあったことでしょうけど。

45歳にして見目麗しくなられていることですけど、芯の部分から、他人に対して、自分に対しての敬意をお持ちなのではと考えさせられます。
自分を尊重している っていうのは、やりたいことをやらせてあげる、なりたい恰好になる ってこともね。ジェンダーレスな恰好をすることで やんややんや言う外野はいるでしょうけど、自分を納得させることが大事。

体型維持とか美容面での努力もあるでしょうし。
それも『努力』ってよりかは、自分の為が第一だから、しんどい って意味での努力とはまた別の意味でしょうけどね。

カッコいいですよね。
羨ましくも思いますよ。

“はてな今週のお題「好きなお茶」”

今週のお題「好きなお茶」

f:id:mooth1006u3:20210911214314j:plain

 

つか、お題ページへのリンクの言葉がさ、

 

f:id:mooth1006u3:20210911214332j:plain

 

 

「最近、しばいてる?」ってなんぞ。
しばく言うて、リンク先のこのお題を見るまでは何を物騒な?? って思ったよ。

 

「茶ァしばく」言うて、
今日び若い人とか分からんでしょや。

はてなは老人ばっかだからとかいう運営判断かもしれんけど)


んで、
日を置いてまたこの記事へのリンクのやつ見たら、

 

f:id:mooth1006u3:20210913080858j:plain

 

に、変わってたし。


さすがに「しばく」では伝わりづらかったのか、クレームでもきたのか。
知らんけど。



本題。

お茶は基本、
『GREEN DAKARA やさしい麦茶』
ばかり飲んでます。

麦茶ばかりです。
値段に応じて違うのを買うことはありますが、基本これです。

緑茶の強いやつは、飲んでも体内から水分が出ていってしまう感覚があって、潤いが満たせられないのよね。
あと、650mlペットボトルが良いですね。量が多いので。



紅茶とか中国茶とかそういうハイカラなものは私みたいな老人にはわかりませんよ。
縁側で茶ァでもしばきますよ。

“症状には個人差があります。”

これを書いている時点で 新コロのワクチン1回目は接種しました。
結論から言うとただ打ったところが痛いだけでした。

ま、インフルの予防接種をしたときと同じような痛みだったので、拍子抜けというか…?
結構身構えてはいたんですよ?
大層な副反応が出たらどうしよう こわいな とかね。
杞憂でしたけど。


新コロ、それ自体に感染したときの症状にしても、ワクチンの副反応にしても、個人差がある っていうのがね。
特定の疾患持ち ってのがあるとしても、それが絶対とは言いにくいみたいですし。


なんて言うかね、「症状に個人差がある」ってことが周知されてること っていいことだな って思ったんですよ。
皮肉な話というか、ちょっと不謹慎かもしれないけど。


風邪ひいたとしても今までなら
「なにを風邪くらいで」
と言われていた風潮もあったろうし、
仮に他人が同じ病気を、同じような被害を受けたとしても、症状が重いだの軽いだの、治りが早いだの遅いだのは個人によりけり。

しかも重篤化が目に見えるカタチで必ず表れるワケでもない場合がある。
知らないうちに肺が真っ白になってた ってこともあるみたいだからね。

誰が、どのような 何の痛みを抱えてるなんて分からない。ってこと。
普通に見えても実は症状が進行していてヤバいなんてこともあり得る。

…これってどんなことにも言えるよね って。


何を受けて、どんな症状が表れるか分からない。
全く症状が出ないこともある。
間接的に影響を与えることもある。
大したことない と思っていたら重い状態を引きずってしまってた。



あらゆる外傷にしても、メンタルのことにしても。
老若男女問わず。

その人にとってはそうだった という事実がある。
間違いなく『人それぞれ』であるということが確実に言える ということは いいことなのかもな って思いました。



異なる『外』を理解しようとする気すら無いことが、さまざまな軋轢や怒りを生んだことだろうと思うので、さまざまな『個』を知るいい機会になったんでしょうかね。

あとはもうちょっと『社会』が追い付いてこないといけないですけどね。
『理解』の浸透度はまだ足りないと思うので。

“「私は腹が立っているんだ。」”

先日も『魔入りました!入間くん』の話を絡ませましたけど、

tohma666.hatenablog.com

このとき取り上げた回よりも前に相当する内容で、
ウォルターパークをさんざん楽しんだあと、荒らされたことによる、入間くんの怒りについてで、

f:id:mooth1006u3:20210909180459j:plain

と。
(画像はアニメ『魔入りました!入間くん』より)



このときの回、すごく丁寧に入間くんの感情の流れを表現していたんですよね。


問題児クラスのみんなで出掛けることの楽しさ、初めて遠出することの楽しさ、浮足立って迷子になったこと、だけど優しいお姉さんに助けられてみんなのとこに戻ったこと。(ま、そのお姉さんも… ですけど。)
怪物に荒らされてるのに、泣いてる子供を見て見ぬふりする普通の悪魔たち、
その流れを経ての、 っていうことで。


アズくんとかサブロくんに話すときに、
「僕はムカついてたんだ」って話すのも丁寧で。
感情の流れを汲んで、当たり散らすのでもなく、湧き上がる感情を、その苛立ちを丁寧に伝えて行動を起こす。


なんだかすごく良かったんですよ。

別にね、この場合に瞬発的な反応としての感情を表出することの良し悪しではなくね、普段激昂することの無い入間くんだからこそ、
ぐわぁ~ って自分の内部に湧いてくる感情を自分で理解して、それでどうしたいか ってのを表明してる、それがなんか良いな って思ったんですよ。



自分がなんとなく感情が湧き上がってきて… 怒りが湧いてきているときって、
何に怒っているのか、何が腹立たしいのか、どういう状況が、何をされたことが、何をされてないことが~ ~気に喰わないのか~… ってことを、ちゃんとわかった上で、その怒りを表明すること ってなかなか難しいですからね。

だいたい、理由は1個じゃないし、理不尽とか無理解が絡み合った上での怒りだったりするので。自分でほどくことが難しかったりしますけどね。


私が書いてるこのブログも、色んな理由の怒りが絡んでしまってるからですし。

ちょっとでもこれを紐解いていったり、解消できる方向へ持っていきたいですね。

“藤本タツキ : 著『ルックバック』読了。”

チェンソーマン』の藤本タツキによる長編読み切り『ルックバック』の単行本を買いました。読みました。

f:id:mooth1006u3:20210906211309j:plain

 

 

まぁ、さんざん考察されてる作品ですし。
ジャンプラで私も読んだときには色んなツイートを見ましたし。
語り尽くされてる作品ですので、私が今更どうこう言うようなものでもないです。


しかしほんとに絵がうまいというか、漫画がうまい人だな ってのは思わされました。


刺さる作品であるがゆえに、あまり読みたくない ってのもあります。
実際、ジャンプラで掲載されたときに1回読んで、今回単行本になって読んだのがこれ2回目です。


手元に置いておいて、たまに手を伸ばして読んでみて、「うッ」ってなって、また傍に置いておく。そんな感じで。

 

 

“はてな今週のお題「爆発」”

今週のお題「爆発」

f:id:mooth1006u3:20210905203028j:plain

才能は爆発してませんよ。

爆発してたらこんな生き方してません。



髪がたくさんあったときには、寝ぐせで爆発していたことは結構ありましたね。



それよりも爆発といえば危ないのはストレスですね。
ついつい我慢してしまうので、蓄積したストレスが爆発というか暴発してしまうのがこわいですね。

一応自分のメンタルの塩梅は気にしていますので、ストレスがやべぇなー って自覚があるときはあるので、気を付けてますね。
そういうときにはカラオケで1人で叫び倒すのが一番なんですけど、現在発令されてる、緊急なんたら宣言の所為でカラオケ屋さんが休業しているのがとてもつらいですね。
カラオケ屋さんが営業再開してくれたら、自分で勝手に1人で自覚的に爆発出来るので、もうちょっと落ち着くといいなー って思います。

“怒りをぶつければ上手くいくと思っている人”

togetter.com

b.hatena.ne.jp

 

 

 

まぁ いつもの話ですね。

最近も書いたんですけど、怒って是正の言葉を投げつければ言うことを聞き 上手くいった と勝手に思い込んでいる価値観をお持ちなんですよね。
それが個人の価値観としても、一般的な観念としても踏襲されてしまってるんですね。

つか、ただ萎縮するだけですし。
『怒られないように』するだけですので。
如何に 怒られないように するかだけなので。
怒られないように上手くやるだけで、それは別に求めていた成果でもなんでもないんですよ。

というか、怒る人は選んでますからね。
怒る人、この人は怒ってもいい人だと決めつけて怒りをぶつけておられて、
怒りをぶつけて上手くいく見通しがあると思い込んで、怒りをぶつけて自分の思い通りにさせたい と思っておられますからね。


「これだから~」と決めつけたい人もいらっしゃいますし。


何度も書いてますね。
何度も書いてる理由はお察しですよ。




ところで、
怒りへの忌避ばかり書いてますけど、
togetterのコメ欄での

f:id:mooth1006u3:20210902224531j:plain

これはそうだな って思った。

それは私が怒ることが苦手なので、イヤなことされたときに即座に反応できずに、あとでモヤモヤと後悔することが多いからなので。
『反応』で怒る人を忌避している反面、イヤなことされたときにちゃんと怒ることが出来る力は 養い直したいですね。