藤麻無有彌の日記:||

藤麻無有彌(とーま・むゆみ)がダラダラしています。

“魔進戦隊キラメイジャーファイナルライブツアー2021 at 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール”

2021年4月17日。

『魔進戦隊キラメイジャーファイナルライブツアー2021』に参加すべく、日本特殊陶業市民会館 フォレストホールに行ってきました!!

 

f:id:mooth1006u3:20210417193249j:plain

 

このコロナ禍の中、イベントに行くのもかなり久しぶりでした!
戦隊のツアーに行くのは一昨年の『ルパパト』以来ですけど、そもそも昨年の『リュウソウジャー』に関してはコロナ禍の影響で中止になってしまいましたが、このキラメイジャーに関しては、テレビシリーズで放送してるときから、作品が良くてエモエモだったので、もしFLTが開催されたら行きたいなー なんて漠然と思ってました。

あと、やはりそのコロナ禍なので、ちょっとイベントに行くのがこわい というのはありましたけど、音楽の、私がいつも行くようなライブではない ってのと、ホールで着席するイベントなのである程度の距離は確実にとって観ることができるだろうしな と思ってました。


また、この日は雨でしたので、外で並んで待ってるときにも傘で間隔取れましたし。


家族連れの方から、ソロの特撮ヲタらしき人まで色々。
チケットの半券を自分でちぎって、中へ。
ホール内も久々で、このライブツアーのDVD予約受付やら、物販やら。
物販、ペンライトは買っておいたほうが良かったかなー って後になって思いました。


席は1階席で!
(ルパパトのときは4階席だった)
しかも真ん中へん。


以下、内容に触れた感想を書いていきますけど、私が色々と忘れてるのでかなりテキトーな感想になってます。





魔石の声が有名声優さん諸々で、勿論、別途収録されたものなんでしょうけど、キラメイジャーのキャストの面々が石を揺らしながら芝居されてるんですけど、これ 声を合わせながら動かしてるのすごいなー なんて見ながら思ってました。

こういうときの怪人の声とかマブシーナの声も勿論そうなんだけど、今更ながらそんなこと思いました。

メインの敵は トラウマを刺激してくる邪面師で、名前はテレビシリーズで出てきたヌマージョと劇場版で壇蜜さんが演じたやつの それに関連した名前が付けられてて、テレビの話の続きだ~ わ~☆ って思いながら見てました。


それと関連して、マブシーナがお父さまみたいにクリスタリアの女王をうまくやっていけるだろうか ってことを描く話で、


トラウマを刺激する敵なので、当然過去回で出てきた色んなことがまた出てくる。

なにより時雨の万力w
また出たww 劇場版では かき氷機だったけどw

為朝は巫女ヨドンナw いじり が鉄板で最高でしたw


前に見たFLTもそうだったんですけど、やはり変身シーンは最高ですね。
最初の変身のとき、舞台にメンバー6人が並んで「キラメイチェンジ!」して、
薄いスクリーンが降りてきてそこに変身アバンが流れてスクリーンが戻ったら変身後の姿になってる ってゆー。
この6人揃っての変身はほんとに最高ですね。


話の途中でマブシーナを助けるていで、『ゼンカイジャー』も登場してたし。


なんかもう普通に『ヒーローショー!』 を見てるのがすごい良くて。
アクションも良いし、なにより見ながら、これ いい話だな って感覚を覚えたんですよ。
充瑠がトラウマの邪面師から攻撃を受けたときに、なんの効果もなかったんだけど、
『なんでも描いてしまうからトラウマが無い!』ってなってて は~! って思ったし、
マブシーナがお父さまみたいに「スケールの大きな存在になれない」ことに悩んでいたら、「スケールが小さくてもいい!」ってことを肯定していて。
その流れからラストバトルになるときに、小さいサイズでの合体したロボが出てきて、うまいな~ って思いましたよ。
その最後のバトルになるときに変身してそれぞれ名乗るときには、テレビでもやってた変な組体操みたいな決めポーズも実際にしていて、それも見れて嬉しかったですね。


第1部が以上のストーリーでおよそ45分、15分の休憩を挟んで 後半 第2部がキラトーークで。
演者さんのそれぞれの印象の話など。
為朝が一番見た目チャラく見えるけど実は真面目とか。
充瑠くんが最初にメンバーと会ったときは16歳だったとか。
好きな食べ物だったか名古屋名物の話で、小夜さんが「コンパルのエビカツサンド」の話をしてたり。

www.konparu.co.jp

(エビフライサンドだったっけな…??)


(司会を松本寛也さんがされてたんだけど、第1部でアイス屋さんとして出てたときに「味噌カツアイス」を売っていて、それがどうやら実在するものらしいとか…?)

 (検索したらヒットしましたw)



本編で充瑠が柿原さんと変身の決めポーズしたときに2人でハート型をつくったのを、柿原さん役を時雨が担当したりw


歌のとき、
OPを歌う大西さんすごく声が出ててすごいなー と思いました。

宝路の歌のときに何故かステージ上で腕立てをするメンバーw

メンバー6人、締める人、ボケる人 それぞれの役割があってとても楽しかったです。
(主に時雨と宝路がボケが多めに見えたw)




なんか… すごい良かった…。

いや このご時世でね、こういったステージが見られたこと自体も良かったし内容も良かった。作品も、キャストのみなさんも良かったよ…。



ルパパトのときに参加してたから、第1部のストーリーのときに、最後に敵を倒すときに「がんばれー!」って声援を送ることが このご時世上難儀であったことが残念だったけど、それでも良かった…。

 

f:id:mooth1006u3:20210501201955j:plain

↑ パンフレット

 

キャスト6人のお気に入り回と、監督、脚本家、プロデューサーのお気に入り回について書かれてたとこが良かったです。


『キラメイジャー』、コロナ禍の中、撮影が制限されたり、なにより主役のレッドの小宮くんが罹るという事態があったにもかかわらず、1年間ずっと楽しかったし、『肯定する力』がとても強かったです。良作でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 木原瑠生 (@rui_kihara)

www.instagram.com

 




まだ、『キラメイジャー vs リュウソウジャー』の映画が控えてるので、それも楽しみにしつつ。

www.youtube.com

“はてな今週のお題「おうち時間2021」”

今週のお題「おうち時間2021」

f:id:mooth1006u3:20210501202336j:plain

基本的に引きこもってるので何も変わらない日常です。

溜まってる漫画はあるし、HDD内には溜まってる録画もあるし。
今期のアニメも全然チェックできてないし。
自分磨きだなんて言うけど、私は磨きすぎて摩耗しているのでもう磨きません。磨り減るばかりですので。


そんな感じです。


……つか、そんなに出掛けたいですかね??
って思うんですけど、や、最近たしかに出掛けた記事書いてたりしてますけど、たまにですし、それも少し前の話ですし。

ウェイウェイしたい人はきっとウェイウェイせずにいられないんでしょうけどね。

家で全てこと足りるので、のんびり過ごしたいですよ。
漫画もテレビもネット環境もあるので有難い限りです。
ネックなのは金だけです。
社会的に優先順位の低い『文化』を糧に生きてますので、それを栄養にしながらなんとか生きてますので、
金を溜め込んでおられるお偉い様がたは是非とも分配して頂きたく思います。
お金があれば外出を避けて自粛くらいしますって。

“強い感情を当てた方が有利らしい”

togetter.com

b.hatena.ne.jp

 

前も似たようなこと書いたけど

tohma666.hatenablog.com

 

ブコメの中にあるような、「それは性格がキツいと決めつけてる側の主観もある」というのもありますよ?


それを悪いことにしたい意思が私にもありますよ?


人の話を聞こうとせずに自分の立場や都合や正義が正しいからそれを大事にして、大きな感情をぶつけることが素晴らしいとしたいのなら。



強い感情をぶつけるのが好きな『心の勉強をしてた人』もいますし。
『他人を変えるよりも自分を変える方が簡単』とは言いますが、それは『粗暴がウリ』の人が結局は粗暴に悩むのではなく、粗暴を自認して 粗暴であるということを自己肯定する という意味での『自分(の認識)を変える』ということに過ぎないのでは とも思うのですが。


それに、性格がキツい人も、キツい態度を 出 し た い 人を選んでることもありますからね。


そうして強く当たっていい人を選んでぶつけていいのなら、それをどこかで私もあなたも選んでぶつけてもいいワケですけどね。



ちょっとズレた 個人的な話をすると、高齢になった私の祖母も、自分の都合で不平不満をぶつけておられますし、それを選んでされておられる。
“認知” が歪んでいるのではとも言えるのですが、だとしても、選んで、“都合” をぶつけているということは、歪んでいるというよりは、当人にとっての正当性があるとも言えますし。



しかしまぁいずれにせよ、ガキの駄々に過ぎないんですけどね。
そうして強い感情をぶつけることが正しいのなら、ガキが駄々をこねて、それを叱ることも出来ずにいちいち玩具を買い与えることでしか対処ができないのなら。
正しさを、個人の都合を押し付けて圧し続けることがしたいのなら……
離れることが出来ずに関わり続けるしかないのなら…

……あぁ、そういう人なんだと、怯えて関わってあげますよ。
お望み通り、萎縮することが素晴らしい対応なのですよ…?

“[映画]『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』を観た。”

Vシネクスト『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』を観ました。

 f:id:mooth1006u3:20210501202037j:plain

 

ちなみに年末に公開された、ゼロワンの映画は見てません。
(テレビシリーズで見てるセイバーがイマイチはまれないので…)

ただ、今作は 所謂テレビでは敵役でもあった “滅亡迅雷” の面々がメインで。
テレビでやってたときから「バンドメンバーみたい」というイケメン揃いのメンツなので、単純にそれが見たい という動機でした。


映画館に見に行ったの、上映から結構経ってたんですけど、お客さん割と入ってました。


以下、ネタバレ込みですけど結構忘れてしまったな 話…。
(一応、『続きを読む』にしておきます)







続きを読む

“『おちょやん 第20週。[第100回]』 謝罪と赦し。”

キャプはNHK朝ドラ『おちょやん』より。

f:id:mooth1006u3:20210425211715j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425211738j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425211815j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425211900j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425211917j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425211932j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425211952j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425212010j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425212026j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425212043j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425212058j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425212151j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425212219j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425212237j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425212250j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425212304j:plain

f:id:mooth1006u3:20210425212344j:plain

 

 

 

 

 

(許してほしい と言っているワケではなかったとは思うけど、)謝罪をさせてあげて、その謝罪を聞いてあげなきゃいけないのは鬱陶しいな。


謝ること って何のためでしょうね。
自分がラクになりたいだけなら相手の為じゃないですし。自分の為ですよね。

過剰に謝罪を受けること、へりくだられること、それ嬉しいのかな。
萎縮させて、気を遣わせて。

起きた事の、大きさにもよるでしょうけど。


遺恨が強ければ強いほど、もう無理でしょう。

その場で仮に、謝罪された方が許したとしても、受けた傷が癒えることが容易ではない場合もあるし、許したとして、受けた傷を怨恨として使うことが出来てしまう頭が働く時点でもう無理だ。




けど、自分がやらかした側なら、
とりあえず、謝っておきたい気持ちにはなるでしょう。
謝って、スッキリしたい気持ちにはなるだろうね。
とりあえず詫びたい。

自分が本当に潔白に生きていける自信なんてないから、
先の為に、たとえ怨みが残っていようとも、許しておくことで先の未来の自分の失敗が許されたい気持ちもある。

主観をどこに置きたいのか という部分でもあるけれど。








……今、仮に私が千代の立場なら、と考えてみようとしたんですけど、
しんどかったのでやめました。
正常な判断ができないような気がしたので。

上につらつらと書いたけど、謝罪とか赦しとか、安易に考えられないだろうな。実際。

“もっと褒められたい☆ 優しくされたい☆”

anond.hatelabo.jp

b.hatena.ne.jp

 

褒められたいですよ。
普通にもっと褒められたいし、肯定されたいし。
「偉いね」「えらいね」って言われたいし。
「すごいね」って言われたいし、肯定されたいですよ。


そりゃそうですよ。

note.com

 

>>

久保 「なぜ男の人はサークルクラッシャーオタサーの姫にコロッといってしまうのかというと、基本的に男の人は普段から優しくされてないからだ」という話を聞いたことがあって、「ああ、そうだな」と思ったんだよね。

──だいたいその認識で合ってると思います。

久保 だからヒャッ君も読んだ「Bye-Bye アタシのお兄ちゃん」というマンガ(*)、あれを読んだら、おじさんがメイド喫茶にハマったのも、けっきょく人に優しくされないからじゃないかと思って。「私、このおじさんより女の子に無料で優しくされてる」と思うと、すごく泣けてきちゃって。ひどい上から目線だけど。

 

(以上、リンク先より)

これ。

 

 

 

 

色々努力したり我慢したり踏ん張ったりして、どうにか耐えて頑張ってやれてることもあるので、
私が普段やれてることで、他方から見て『出来て当たり前』のように見えることがあったとしても、結構頑張ってたりするんですよ。

奥歯噛みしめて頑張ることが当たり前に思わないでほしいですよね。



……誰もがそうかもしれませんけどね。
私から見て『普通』にやってる人も、気苦労されてるかもしれませんからね。


でも、それはそれとして、
私は褒められたい って思うし、優しくされたい って思いますね。


前も書いてると思うけど、男同士の褒め合いって難しいから、やるならそれこそバ美肉を纏うとかね、纏ってもらって肯定してもらうとかね。

バブみを感じてオギャりたい とかもね。

そりゃ ありますよ。



けど、その為にわざわざ誰かに言葉を引き出させるなんて難儀極まりないので、
自分で自分を褒めたり、自分に優しくすることを努めていくばかりです。


やー、私よくやってますよ。
私 頑張ってますよ。えらいえらい。

“興味のないものへの存在意義とか”

 

 

 

 

 

 

ま、こういうご時世で火の粉をかぶりやすいエンタメ界隈が、「無くても生きていけるでしょ」と言われがちという。
そういう『楽しむもの』の為に生かされてるのにね。


そういうの言い出したら、人間が一番存在意義が無いんですよ。

歴史を学ばず愚行を重ねて賢者もいないワケですよ。
迷惑千万で自己保身と詭弁を繰り返すだけですよ。
知性を持ってるはずなのにギャーギャーと大きな声を出した人が偉かったり、暴力的な力が強い人が偉かったり野蛮ですよ。獣ですよ。

人間の存在に一切の意味なんて無いですから死滅すればいい って思いますよ。



でも、しゃーねーけど生きてるので、勝手に意義を見出だしてるだけ。
スイス(安楽死合法化されてるよね)に行けないからなんとか生きてるだけ とかね。
自分で勝手に意味を見出だしてるんですよ。

自分が存在意義が感じられないものを他人に押し付けて、問うて、意味が無い って言いたいんですよ。自分の意義や意味に自信が持ちたいから。


自分が興味がないものでも、不快にならないところで距離を取れるなら在るくらい許してやればいいんじゃないですかね。
別段、攻撃してくるワケでもないのなら。

存在してるだけでも何か『刺さる』ものがあるならそれは価値観が刺激されてしまう自身に何かあるだけなのでしょうが、それを問うこともまた意義になるのではと。